ブログ

Carbide Base Sapphireのご紹介 – オーディオ用ボールベアリング防振装置の研究の継続。 新しいSapphireバージョンは、Carbide Baseオーディオフッターの標準バージョンとDiamondバージョンの間に位置する製品ラインナップです。

 

Carbide BaseフッターのSapphireバージョンは、フッターの上部中央にSapphireインサートが追加されている点が標準バージョンと異なります。 サファイアインサートは、低レベルと低周波ノイズの追加フィルタリングを提供するボールベアリング防振器です。

サファイアインサートは、Carbide Base Diamondに使用されるダイヤモンドインサートと同様の機能を持ちます。 違いは、サファイアインサートにはTwinDamp™素材が使用されていないことと、ベアリングの軌道面が異なる素材から作られていることです。

 

サファイアインサートに使用されている軌道面は、熱処理によって硬化した高炭素鋼で形成されています。 8段階に及ぶ厳しい研磨の後、レースウェイは特殊合金と組み合わせたダイヤモンドライクカーボン(DLC)PVDコーティングが施されます。 その後、内部応力を緩和し、靭性を向上させるために極低温焼戻しが行われます。

 

その結果、非常に硬く、滑らかで、低摩擦のベアリング転がり面は、ダイヤモンドバージョンのPVDダイヤモンドコーティングセラミック軌道面を凌ぐものとなりました。

左はダイヤモンド・レースウェイ
右はサファイア・レースウェイ

Mono & StereoのMatej Isakが、Carbide BaseフッターのDiamondバージョンのレビューを発表しました。 Mono & Stereo Editor’s Choice Awardを受賞できたことを光栄に思います。

 

ラウドスピーカーの下に当社のフッターを使用したMatej氏の体験談はこちら: https://www.monoandstereo.com/?p=36086

Part-Time AudiophileのMarc PhillipsがCarbide Baseフッターのレビューを発表しました。 マークはスピーカーとエレクトロニクスの下のフッターで何度も実験を行い、こう指摘します:

 

Carbide Baseを使ってみて、私のオーディオシステムの明瞭さ、透明感、そして全体的なパフォーマンスがどのように改善されるのか、疑問の余地なく確認できたことが本当に楽しかったです。 お薦めです。

 

PTAレビュアーズ・チョイス賞を受賞し、光栄に思います。

 

Part-Time Audiophileのウェブサイトhttps://parttimeaudiophile.com/2023/11/19/carbide-base-isolation-devices-review/。

 

当社のCarbide Baseフッターは、PTAの2024年ベスト・ハイファイ・アクセサリーのリストにも入っています: https://parttimeaudiophile.com/2023/12/03/best-hi-fi-accessories-buyers-guide-2024/

TwinDamp™素材から加工されたCarbide Baseフッター用のオプションスパイクをご用意しました。

 

TwinDamp™は、マンガンと銅の双結晶合金をベースにしており、マグネシウムよりも高く、銅の10倍の減衰能力を持ちます。 ゴムに似た損失係数を持っていますが、硬い金属の形をしています。

 

その後、当社の高温炉と極低温冷凍庫を使用して、2日間にわたって複数の温度処理を行い、音波の特性をさらに向上させます。 TwinDamp™の性能上の利点については、「測定」をご覧ください。